まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

「君の膵臓をたべたい」を感動しながら読み終わった。 







2020年1月14日

「君の膵臓をたべたい」 住野よるさんの本を読み終わった。


この本の名前は、以前からなんとなく知っていたが、

とにかく題名が私には強烈過ぎて、あまり読もうとは思っていなかった。


買ってきたのはブックオフに行った時。

どんな内容かわからなかったので、しばらく本棚に積んでおいた。

確かテレビでもドラマ化して放送したような気がするが、見なかった。


今、考えるとみておけばよかったなぁと後悔している。



ものすごく感動した。



こんなに感動した本は最近あまりなかった・・・




登場人物の高校生の名前は最後に出てくるが、「僕」と「山内桜良」。

「僕」が偶然拾った1冊の文庫本から物語が始まる。

山内桜良はクラスの人気者だったが、膵臓が悪くて、あと1年しか生きられない。

それはクラスの誰にも話していなかった。

友達がいない「僕」が偶然山内桜良のつづった「共病文庫」と題名を付けられた日記を拾う。



ドラマはいろいろ展開するが、

題名の「君の膵臓をたべたい」の意味は最後に書かれていた。


いつもノロノロとしか本を読まない私が、

一気に読んだ。

涙が出て止まらなくなった・・・


けれど考えてしまうなぁ~

18歳だという高校生が、自分の寿命を知っている。

こんなことがあるのかなと思う。

ほんとだとしたら、ものすごい心の強い人だし、親もそれを知らせたということが私には考えられない。

関連記事
thread: 最近読んだ本 | janre: 本・雑誌 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集