まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

八方池~唐松岳登山④(回想)終 



唐松岳頂上山荘から山頂に行く途中に、まだコマクサが咲いていました。

もうほとんど枯れていて、最後のコマクサだと思います。






雪渓が残っていました。






チシマギキヨウもまだ頑張って咲いていました。






トウヤクリンドウが咲いていました。






(13:35)やっと唐松岳山頂に着きました!

2696.4mとあります。

残念ながらガスが出ていて、周りは見えませんでした。






拡大写真

しばらくすると、ガスの切れ間に大きな山が見えました。

この山は五竜岳(2814m)だそうです。

けれどすぐに見えなくなりました。






下に唐松岳頂上山荘が見えました。



夜になってから、のどがとても痛くなってきました。

風邪をひいたようです。

こんな高い山で風邪をひいてしまい、とても不安になりました。

うっかりして、風邪薬を持って来ませんでした。

同室だった方から訳を言って、風邪薬を分けてもらいました。

とても感謝しました。

風邪薬も用意してくるものだと、痛感しました!


運悪く、大型台風も近付いてきていました。

明日は何とか無事に下山をしなければなりません・・・









(6:50)9月5日です。

朝、天気が悪くてご来光は見えませんでした。


これから下山をします。

のどは相変わらず痛いけれど、何とか下まで降りなければなりません。

のどにはハンカチを捲きつけました。


ガスの先に見えている方角が、五竜岳への縦走路です。

先が全くと言っていい程見えません。

昨夜同室で風邪薬をもらった方は、五竜岳に縦走する予定だったのを、天気が悪いので止めると言っていました。






岩に垂れ下がって咲いているけれど、イブキジャコウソウだと思います。






シナノオトギリが咲いていました。







拡大写真

(8:25)だいぶ下に降りて来ました。

そろそろ八方池が見える頃だと思います。







拡大写真

(8:30)やっと八方池の近くまで下って来ました。

大好きな松虫草です。

この写真は私のお気に入りの1枚です。







拡大写真

登るときには行けなかった、池の向こう側へ回ってみました。

八方池の説明がありました。

八方池の海抜は2060mだそうです。






(8:45)飯森神社奥社がありました。

相変わらずのガスで周りは何も見えません。






(8:53)時間が早いのでまだ人は見えないようです。

霧の中の八方池もまた幻想的です。


休んでいると、それでも何人か登って来ました。

今から唐松岳に登るのだそうです。

大型台風が来ていて、大丈夫だろうかと心配になりました。






ゴンドラリフトに向かう途中で、ミヤマコゴメグサが咲いていました。

来る時汗をかいて登った道です。






(9:20)小さな池がありました。






シモツケソウが鮮やかなピンク色で咲いていました。






(9:45)下界は晴れているようでした。




この後で白馬村に一泊して、帰りました。

台風は近付いているようでしたが、ここはまだそんなに雨は降ってはいませんでした。

北海道に帰るという二人の登山者が、飛行機が出なくなったのでどうしようかと心配していました。



私たちも中央高速で山梨に入ったころから、段々と雨と風が強くなってきました。

余裕を言っていられなくなりました。



国道20号線で初狩を通る時、連続雨量200ミリで通行止めと書かれているところを、188ミリでやっと通過することが出来ました。



帰宅してからは大型台風と、唐松岳で引いた風邪がなかなか治らなくて、大変な思いをしました。






これで「八方池~唐松岳登山」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

関連記事
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集