まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

ロウバイ、山茶花、赤い実、白い実 



(14:19)

2019年12月27日

庭にロウバイが咲き始めた。

ロウバイが咲くと、冬枯れの木にポッと火がともったように明るくなる。





山茶花が一輪、陽を浴びて咲いていた。





ヤブコウジの赤い実。





白南天。




赤い実の南天。


今年もあと何日も残っていない。

あっという間に一年が過ぎた気がする。
thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

本陣殺人事件~横溝正史を読み終わる 



2019年12月27日

横溝正史の「本陣殺人事件」を読み終わった。


本陣殺人事件はもう何年も前にドラマで見た。

原作は読んでいなかったが、トリックがすごかったのと、犯人が意外だったので記憶にあった。

この文庫は自分で買ったのではないが、知り合いが読み終わったからよかったら読まないかと言ってくれたので、もらっておいた本だ。

横溝正史の本は、何年も前にほかのものを何冊か読んでいたので、最近はそれほど読みたいとは思わなかった。



本陣殺人事件は昭和12年の岡山県の農村の話である。

当時は「家柄」という言葉が生きていて、それが万事を支配していた。

事件が起こった一柳家は本陣の末裔であった。



例のごとく金田一耕助が事件の謎を解いていく。

すごいトリックだった。

thread: 最近読んだ本 | janre: 本・雑誌 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

陽だまりに咲く芝桜と、その他思うこと 



2019年12月25日

畑の畔に植えてある芝桜に花が咲いていた。

陽だまりの中でかわいらしくピンク色に咲いている花に、心が和む。


12月も25日になる。

月日の経つのは非常に速い。

あっというまだ。



昨日は朝からCATVが映らなかった。

どうしたのだろうと思った。

この暮れにTVが故障したのだろうだろうかと心配になった。

けれど、BS放送は映った。

どうやらTVの故障ではないようだ。


CATVが映らなかったので、詳しい情報がわからなかったけれど、大月の駅周辺で火災が発生して、そのためにCATVが映らない場所があると、市役所で放送していた。



私はこの日は整形の予約の日だった。

いつものように車で出かけたが、途中で迂回させられ、だいぶ遅くに病院に着いた。

それでも、早めに出かけたので、診療は何とか無事にできてよかった。


けれど、ここで失敗をした。

あまり待つのが嫌だったので、家から本2冊を財布とは別のバックに入れて持って行った。

(何も本を2冊も持っていくことはないのにねぇ~)
(どれほど読書家だよ・・)


受付をして、待合室で待っている時、ふと本の入っているバックがないことに気が付いた。

どうしたんだろう?

車において来たのだろうか?

車に見に行っている間に、呼ばれたら困るよね・・・


もしかして、受付に忘れてあるかもしれない。


受付の方を見てみたが、バックは見当たらない。

けれど念のため、受付の女性の人に聞いたら、とっておいてくれた。


よかったわあ~


中身は本2冊とペットボトルのお水だけだけれど、見つかってよかった。


私は時々忘れ物をする。


あぁ~、気を付けなければ。
thread: 今日のつぶやき | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

子どものころ出会ったおばあさんの一言 

私がまだ子供のころ、多分小学校高学年だったと思うけれど、
50年以上前の話です。



私はどこかに行く途中で、道端で腰かけて休んでいた、ある一人のおばあさんに出会いました。

家は近くではなかったけれど、田舎なので、どこのおばあさんか知っていました。

そこの家には私の同級生もいました。


はっきり言って、はたから見ても決して裕福な家ではなかったと思います。


そのおばあさんの年は、そうだよね、70代半ばにはなっていたと思う。

家は集落の上の方だったので、坂道を下から歩いていくのには休まなければ歩けなかったのだと思います。


おばあさんは、近くにいたおばさんと話をしていました。


その聞こえて来た話が今でも印象に残っています。


「わしゃ~ね、毎朝起きると東に向かい、お天道様に手を合わせて、無事に生きていられて幸せだとお礼を言うだよ」

「生きていてありがたいことだなぁと思うよ」



けれど、まだ子供だった私はその意味が理解できなかった。

とても幸せそうな環境には思えなかったから・・・



おばあさんの家ははっきり言って貧しい家だったと思います。

それにお嫁さんは病気ですでに亡くなっていた。

お嫁さんというのは私の同級生のお母さんのことだ。

何歳くらいで亡くなったのかな?

昔のことで老けて見えていたけれど、まだ40代くらいだったかもしれない。


お嫁さんも亡くなって、おばあさんは決して楽ではなかったはずだ。


けれど、毎朝太陽に向かって手を合わせて、無事に生きていることを感謝している。





今思うと、あのおばあさんは人間のできたすごい人だったんだなと思う。




50年以上経った今でも、その時のおばあさんの話している横顔が思い出されます。

thread: ひとりごと | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

久しぶりに見た河原のサギ 



2019年12月20日

今日は暖かかったので、久しぶりに河原に散歩に行ってみた。

サギがいた!

サギを見たのも久しぶりだった。

アオサギだった。

距離がかなり遠い。

コンデジでズームしてみた。




一眼でないので、撮影しづらい。

手元もブラブラ揺れて、ピントも合いにくい。





もう少し先にはシロサギもいた。





シロサギは飛び立ち、向こうの川岸にとまった。





久しぶりにサギに出会ってなんとなくうれしかった。





日陰で目立たなかったが、カモも泳いでいた。



12月も後半になって寒くなったからか、今日の散歩は人にも出会わなかった。

thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

シクラメンとシャコバサボテン 



(14:45)

2019年12月3日

今、我が家でシクラメンとシャコバサボテンが咲いています。

シクラメンは今年買ってきたものです。








シャコバサボテンです。

この花は何年か前からの年越しの花です。





ピンク色できれいです。





どの花も見ていて心が和みます。

thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

ドストエフフキー 「カラマーゾフの兄弟」を買う 



NHK Eテレ 100de名著でドフトエフスキー カラマーゾフの兄弟を放送していた。

ドフトエフスキーの罪と罰は若いころ読んだことがある。

長い小説で、やっとどうにか読み終わった記憶があるが、カラマーゾフの兄弟はまだ読んだことはない。


難しそうだし、長い・・・


けれどEテレで亀山郁夫さんが解説をしているので、ネットでテキストを買った。

カラマーゾフの兄弟はドフトエフスキーの最後に書いた小説だそうだ。




文庫もアマゾンで中古を探した。

エピローグ別巻も入れて5冊になった。


NHKの解説は読もうと思うけれど、文庫までは読めるかどうかわからない・・・



以前フジテレビで日本版のカラマーゾフの兄弟を放送していた。

出来ることなら、もう一度見てみたいと思う。



フジテレビで放送していたカラマーゾフの兄弟の中で流れていた音楽がある。

若いころ聞いた曲で懐かしかった。


ローリングストーンズの「黒くぬれ!」だった。



Rolling Stones - Paint it Black 2006 Live Video HD





【DVD&ブルーレイ】カラマーゾフの兄弟



thread: 読書 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

「屍人荘の殺人」を読み終わる。 








いつのことだったか覚えていないが、ブックオフに行った時買っておいた本。

中古だったけれど、まだ新しかったし、字もまぁまぁ大きそうだった。



そのまま本棚に積んでおいた。



10月に映画『最高の人生の見つけ方』を見に行った時、「屍人荘の殺人」のパンフレットが置いてあった。



↓その時のパンフレット




12月13日ロードショウ。

ちょうど今日だ。


その時から面白いのかもしれないなと思い、

ぼつぼつ読んでいた。


やっと、今日読み終わた・・・













屍人荘と言っても、紫湛荘のこと。



読んでいて思ったことは、ゾンビが出てきた。

驚いた!

私の趣味ではない。


けれど、ずっと読み進んでいくうちになんとなく納得できた。

ゾンビねぇ~


けれど、ゲームなどしている今どきの若い人には受けるのかもしれないね。



映画『屍人荘の殺人』予告2【2019年12月13日(金)公開】



thread: 読書 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

岩殿山の紅葉~大月市 



(11:51)

2019年11月24日

また古い写真になりますが、岩殿山の紅葉を裏側から撮影しました。

まだ紅葉がきれいでした。





国道20号からでは見られない後ろの岩殿山です。











岩殿山ではなく近くの山の紅葉です。

こちらもきれいでした。





thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

丹波渓谷の紅葉~丹波山村 



(14:07)

2019年11月10日(日)

ブログに載せるのがだいぶ遅くなりましたが、

丹波渓谷の紅葉を撮影に行って来ました。


時間が遅かったからだと思いますが、渓谷に陽が当たっている場所が少なくて、

あまりきれいな紅葉は撮影できませんでした。






こちらはまだ陽が当たっていたので、紅葉がきれいに見えました。






国道411号線と紅葉です。






日陰の紅葉はぱっとしません。






右側においらん淵の矢印があるので、行ってみましたが、

おいらん淵に行くことはできませんでした。



以前は行ったことがあるのですが、どうも道が変わって今ではおいらん淵には行けなくなったようです。


※2009年10月27日においらん淵に行った時のブログです。

今思うと貴重な写真だなと思っています。(ワタクシ個人では)







山の紅葉です。






渓谷と紅葉。

陽が当たっていないので、色が冴えません。











道の駅たばやまです。

日曜日なので、人がたくさん来ていました。

thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

今日(12/3)の富士山~大月市 



(11:30)

2019年12月3日

今日は朝から良い天気でした。

きっと富士山が見えるはずと思い、いつもの富士山スポットに行ってみました。


思った通り、きれいな富士山が見えました。






望遠にして撮影。






さらに望遠の300mmで撮影。


綺麗~






遠くから見てもきれいな富士山でした。

thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

猿橋の紅葉~大月市(2019)② 



猿橋の紅葉の続きです。





猿橋の架け替え記念碑が建っていました。










山王宮の紅葉です。





お猿さんが祀られています。






水路橋です。

のぞけないように金網がしてあります。

金網の間から撮影。










新しくなった国道20号から猿橋を撮影しました。

手前から、水路橋、猿橋、旧新猿橋の3つが見えます。





水路橋と桂川です。







これで「猿橋の紅葉~大月市(2019)」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

thread: 紅葉の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集