まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線⑥終 



峠を登るにつれ、紅葉が目立ってきました。












新しくなったトイレがある場所に着きました。

横に車が3~4台停められるスペースがあります。



2002年にもここまで来ました。

その時はいつか八紘嶺に登ろうと思い、登山口の下見に来たのでした。

当時のトイレはだいぶ古かったです。


目的の八紘嶺はいまだに登れていませんが・・・







八紘嶺へ登るのには、左上にある登山道を登っていくようです。

安倍峠入り口の矢印が右になっています。


気になります。






地図がありました。






地図を拡大してみました。

ここは安倍峠ではなく、東側登山口だそうです。


本当の安倍峠は徒歩35分くらい手前のようです。







地図をさらにトリミングしました。


安倍峠は林道沿いではなく、林道より少し南にあるようです。

35分位歩くようです。

登山ですね。



登山の支度をしていないので、今回行くのは無理です。






トイレのある駐車場から、林道を山梨側に戻ってきました。

途中にあった、大木の幹を撮影しました。






ずいぶん古い木のようでした。

風格があります。






かなり下の方に降りてきました。

滝がありました。







2002年に林道豊岡梅ヶ島線を通った時、富士山を撮影した写真を探しました。



この時は小さなデジカメを買ったばかりでした。

初めてのデジカメで、撮影の仕方もよくわからなかった記憶があります。

多分オリンパスだったと思いますが、画素も300万画素くらいでした。



富士山がきれいに見えていて、思い出の写真です。





2002年11月28日 (13:19)







2002年11月28日(14:15)



後で見てもきれいな富士山でした。

この時、林道では工事をしていて、道路に雪も少し積もっていました。







これで「安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線」を終わります。

長い間お付き合いいただきありがとうございました。


thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線⑤ 



東屋のある広場から、木の間に富士山が見えました。







安倍峠という矢印の方に林道を進みました。

きれいな富士山が見えました。






富士山の雲もだいぶ取れました。







山は紅葉しています。











大きな木がありました。







後ろの木が紅葉しています。












綺麗です。



















安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線⑥終に続きます。


thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線④ 



林道を登るにつれ、富士山の見える場所が多くなりました。






富士山の山頂の雲が取れました。











望遠で撮影。






山も高くなってきたので、少し紅葉しています。







山の紅葉と富士山。

















標識がありました。






広場があって東屋がありました。

ここが安倍峠かと思いましたが、違うようです。







安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線⑤に続きます。
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線③ 



お茶の木が植えてありました。

南部町に近く暖かいからでしょうね。






標識です。











近くの山の様子です。

少し紅葉し始めた感じがします。






沢がありました。







山が崩れて山肌が見えているところがあります。

台風の影響でしょうか。






富士山が見えました。

残念ながら雲がかかっています。






縦撮りで。






望遠で撮影。







山の様子。













安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線④に続きます。




thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線② 



大城川です。

台風の後でしょうか。

だいぶ川底が掘れています。

木も枯れていました。











豊岡梅ヶ島線の説明がありました。











山の様子です。
















山の下の方では、まだ紅葉していません。

でも緑がきれいです。











大城川です。






大きな岩がありました。










安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線③に続きます。
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線① 



(11:30)


2018年10月23日(火)曇り時々晴


7年ぶりに全線通行可能となった、身延町と静岡市をつなぐ林道豊岡梅ヶ島線を、安倍峠まで行って来ました。


↑林道豊岡梅ヶ島線からの富士山です。




天気はあまりよくありませんでしたが、林道で富士山が見えました。

紅葉も上の方ではだいぶ色づいていました。


この林道は2002年に一度通っています。

懐かしいです。











国道52号線を静岡方面に進み、大城入り口で右折します。


門野のあたりで、畑にカカシが置いてありました。







農アートと書かれていました。






















門野地区の人たちが作ったのでしょう。






















山の様子です。












山肌から水が流れていました。








安倍峠からの富士山と紅葉~林道豊岡梅ヶ島線②に続きます。

thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

サンシュユの実とまだ咲いている芙蓉 



(14:21)


2018年10月21日(日)

今日は天気予報通り、朝から快晴だった。

ずっと天気が悪かったので、青空を見ると気持ちがいい。



こんな良い天気の日に出かければいいのだが、日曜日だし、道路は混むだろうと思うとどこにも出かけられない。



夕方、中央道を見たら、やはり渋滞していた。

国道20号の上りも渋滞していた。

天気が良かったので、皆、行楽にでも出かけたのだろうか。



↑鉢植えのサンシュユに実がなっていた。

子どものころ食べた、グミの実によく似ている。


サンシュユも食べれるのだろうかと、ネットを調べたら食べられるようだ。

けれど、そのまま食べられるのではなく面倒そう。






芙蓉の花がまだ頑張って咲いている。

でも、初秋と違い元気がない。


もうそろそろ芙蓉も終わりだろうな。

thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

そばの花とコスモス 



2018年10月14日

いつもの散歩道にそばの花が咲いていた。

↑白いそばの花。






私の住んでいる近くでは、そばを植えている家はあまりない。

そんなに広い畑ではないが、とても珍しい。












すぐ隣には赤い花の咲くそばも植えてあった。







ちょうど満開のようできれいだった。







そばの花の隣には、コスモス畑もあった。








thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

庭に咲いていた花 



(9:34)

2018年10月13日(土)

庭にまだ芙蓉が咲いている。

ピンク色の花が華やかだ。






シュウメイギクも咲いている。








コスモス。

いかにも秋色という感じ。











ハマギクも元気で咲いていた。

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市③終 



犬を散歩させている人がいました。






広い芝生で遊ぶ子供。






色づき始めたドウダンツツジ。






このドウダンツツジはだいぶ赤くなっていました。






紫色の穂のような花が咲いていました。






花の部分です。






白いシュウメイギクが咲いていました。










子どもたちが遊んでいました。












これで「初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市② 



そばの花が咲いていました。





柚子もなっていました。







茜(あかね)橋です。






茜橋を渡ったゾーンです。

誰も人がいませんでした。






土手に小さな黄色い花がたくさん咲いていました。







この花です。






枯れたアジサイの花の名残がありました。






茜橋の上からの撮影です。

靄が出て幻想的な景色に出会えました。



遠くに岩殿山も見えます。






光のシャワーと桂台です。



どちらもとても幻想的な景色でした。








初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市③終に続きます。

thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市① 



(15:40)

2018年10月9日(火)

久しぶりに桂川ウェルネスパークに行ってみました。


残念ながら天気はあまりよくありませんでした。

晴れていれば、頭が少しだけ見える富士山も、この日は見えませんでした。






公園にはたくさんの親子連れが遊びに来ていました。












小菊が咲いていました。












ドウダンツツジがだいぶ色づいていました。











柿がなっていました。







小さな甘柿のようです。






広い芝生です。

平日なのでこちらのゾーンには人があまりいませんでした。






小さなリンゴのなっている木がありました。






姫リンゴだと思います。









初秋の桂川ウェルネスパーク~大月市②に続きます。
thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

思い出の「笠ヶ岳」登山~TV画面からお借りしました。 




先日、BSプレミアムで日本百名山の笠ヶ岳を放送していました。


笠ヶ岳にはわたしたち夫婦は、2003年7月15~16日で登山した思い出があります。

前日、新穂高温泉駐車場で車中泊をして、笠新道を一気に山頂まで登りました。



笠ヶ岳に登るきっかけは、2001年に念願だった「槍ヶ岳」に登れましたが、

登る前にたまたま新田次郎氏の「槍ヶ岳開山」を読んでとても感動し、

次は播隆上人が「槍ヶ岳」を開山するきっかけになった「笠ヶ岳」にも是非登りたいと思ったからでした。



この登山は疲れました!



テレビでは、1日目はわさび平小屋に宿泊して、それから笠新道を登っていました。

8時間くらいのハードな登山だと言っていました。



私たちは駐車場からだったと思いますが、11時間15分かかりました!


当時はブログを書こうとは思っていなかったので、コンデジは持っていきましたが、写真はあまり撮っていませんでした。


TV画面を見て、とても懐かしくなり、画面をコンデジで撮影しました。



↑北アルプス笠ヶ岳の姿です。

テレビで登っている時期は初秋のようです。

山に雪渓が見えません。


私たちが登ったのは、2003年7月半ばだったので、まだ雪渓がありました。













↑の写真は7月16日に笠新道を降り始めたとき、私が撮影した笠ヶ岳です。

雪渓が見えています。



雪渓も歩いたのですが、初心者なので怖かったです。







↑昭文社の地図も載せておきます。

TVではわさび平小屋まで行って宿泊し、また笠ヶ岳入り口まで戻ってきているようです。





笠新道がわかりやすいようにトリミングした地図も載せておきます。











TVの画面です。

ここが笠新道登山道入り口です。

今でもよく覚えています。

















笠新道入り口です。












ここは杓子平までの中間だそうです。


杓子平に着くまでが長かった。

登山地図だと杓子平まで4時間20分ですね。

私たちは6時間くらいかかっていたのではないでしょうか。






やっと杓子平に着きました。


ここまで来たらホットしました。






杓子平から見える景色です。







真ん中あたり雲がかかっているのが笠ヶ岳です。


この杓子平からあの稜線まで登らなくてはなりません。

大変でした!






笠ヶ岳は昔円空上人が信仰で登ったのだそうです。

その後播隆上人が再興したそうです。






稜線に出ました。








稜線に出たから、笠ヶ岳はもうすぐだと思っていたら、


まだ、ず~と先でした。


本当にショックでした!



山頂はまだあんなに遠くでした。






ライチョウです。


私たちもライチョウに会うことが出来ました。











抜戸岩です。






やっ笠ヶ岳山荘に着きました。






小屋から山頂に登ります。

ここが笠ヶ岳山頂です。







笠ヶ岳(2,898m)


懐かしいです。


thread: 登山 | janre: スポーツ |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

久しぶりに感動した本~「かがみの孤城」を読み終わる 

かがみの孤城
辻村 深月
ポプラ社













2018年10月8日


辻村深月さんの「かがみの孤城」を読み終わった。


ものすごく感動した!


こんなに本を読んで感動したのは、近年、いや思い出す限りないかもしれない。



この本を知ったのは、もう何か月も前で、2018年本屋大賞を受賞したと聞いた時からだ。

辻村深月さんは山梨県笛吹市出身だと聞いたので、なおのこと興味があった。

どんな本だろうと思って、本屋に行った時、買っておいた。


そのころはまだ他の本を読んでいたので、すぐ読まずに本棚につんでおいた。



辻村深月さんの本は何年か前に映画になった「太陽の座る場所」を見てから、原作を読んだ。

そのころから山梨県笛吹市の出身だと聞いていたが、

正直、「太陽の座る場所」はそれほどの感動はなかった。


映画も山梨日々新聞社が、すごい宣伝をしていたので見に行ったが、

感想は同じだった。




読みかけの本を読み終わったので、今度は「かがみの孤城」を読み始めた。



けれど「かがみの孤城」は読み始めてからすぐに引きこまれた。


内容は中学1年生の安西こころがいじめにあって、学校に行けなくなってからの話だ。

かがみの孤城には7人の同じような、学校に行っていない子供が集まる。


そのうちに7人は雪科(ゆきしな)五中に通っている中学生だったことが分かった。

かがみの孤城で会っているうちはわからなかったが、

7人の中学生はそれぞれ生きている時代が違うことが分かった。


「かがみの孤城」は3月30日で閉鎖する。

城の外の世界では、「かがみの孤城」での記憶は無くなるという。






最後の方は一気に読んだ。


感動した!


涙が出て止まらなかった。

こんなに感動した本に出会えたことがうれしかった。


それと作者の辻村深月さんってすごい人だと思った。

まだ38歳だそうだ。



辻村深月著『かがみの孤城』刊行記念スペシャルインタビュー




thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

台風一過の山はきれい♪ 



(11:57)


2018年10月1日(月)

昨日は台風24号が直撃して、夜中の1時ころから3時ごろまですごい風が吹きました。

怖くてとても眠れる状態ではありませんでした。


明け方やっと風が静かになって、少し眠れたと思います。


風は怖いです。

TVで放送していた通り、すごい風でした。



朝、外を見まわると、風で飛んで無くなったものもありましたが、それほど被害がなくてよかったです。


山梨県でも亡くなった方もいたようなので、お見舞い申し上げます。


もう台風はたくさんです。



↑は雁ヶ腹摺り山です。

久しぶりに青空できれいでした。






岩殿山です。







白く草原状に見える山は白谷ヶ丸です。

今日は富士山もきれいに見えたでしょうね。


thread: 風景写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集