まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

山藤① 



(12:56)

2018年4月21日



木に絡まって咲く山藤をあちこち探して、撮影しました。

私は家に咲く藤も好きですが、山の自然の中に咲く藤の花も好きです。


最近は木に絡まって咲く山藤が多くみられます。

下刈りがしていなくて、荒れているからだと思います。


藤の花を見るのはいいですが、藤のつるに絡まられた木には良くないと思います。








房の長い見事な藤の花です。

















藤の花はこんな感じで咲いています。





















































山藤②に続きます。

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

河原の八重桜とサギ~大月市② 



サギがいました。

ここ最近サギは見ていませんでした。





アオサギのようです。











あっ、飛び立ちました!






近くの山です。

緑がきれいになりました。






帰りに見る八重桜です。











河原の木々も黄緑色になりました。






今度はシロサギが飛んできました。











これはさっきのアオサギです。

移動して、川の中に止まりました。








これで「河原の八重桜とサギ~大月市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。


thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

河原の八重桜とサギ~大月市① 



(16:07)

2018年4月10日

いつもウォーキングに行く河原には、ソメイヨシノと八重桜の木が植えてあります。

ソメイヨシノは先日咲いてたので、そろそろ八重桜が咲く時期だろうと一眼レフカメラを持って出かけてみました。


↑河原に行く前の道路のそばの家で、芝桜がきれいに咲いていました。






普段はコンデジしか持って行かないけれど、やっぱり一眼はきれいだなと写真を見て思います。









この芝桜は河原のそばに咲いていた芝桜です。







八重桜が咲いていました。

色が薄いピンクなので、今一つ映えない気がします。






ズームで撮りました。






青空と八重桜。

ズームのほうがきれいに見えます。






薄いピンク色の八重桜でした。







八重桜はこんな感じで植えてあります。






土手にはハナニラもかわいらしく咲いていました。







河原の八重桜とサギ~大月市②に続きます。


thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

ハナモモを撮影に~上野原市四方津 



(12:54)

2018年4月8日(日)

この日は上野原市四方津にハナモモが咲いている場所があるので、撮影に行きました。

個人のお宅だそうですが、一般にも公開しています。



↑土手の上にハナモモが咲いていました。






土手からあふれるばかりに咲くハナモモです。







色とりどりのハナモモ。







駐車場もできています。







下に見える駐車場は中央道の上り線、談合坂サービスエリアです。


















































thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

道端で見たカカシと桜~大月市 



(12:53)

2018年4月8日(日)

この日は四方津にハナモモの撮影に行きました。

鳥沢から旧甲州街道に入るとき、道路にカカシが飾ってありました。

車でちょっと見たときは、カカシには見えない程よくできていました。







ブランコに乗っているカカシです。







釣りをしているカカシもいました。











土手にはまだ桜もきれいに咲いていました。
























thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

放光寺の桜~甲州市 



(11:21)

2018年4月4日

牧丘の乙ヶ妻のしだれ桜を撮影した帰りに、甲州市の放光寺に寄りました。

放光寺は花のお寺と呼ばれているそうです。











鐘楼とハナモモ。






















正面から入ってみます。






いわれが書かれていました。






境内です。







山門ですね。











大黒天が祀られているようです。







風が吹いて来て花吹雪が舞ってきました。







ヤマブキです。







桜が満開でした。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

恵林寺の桜~甲州市② 鐘楼の音動画 



恵林寺の桜吹雪の続きです。

風が吹くと桜吹雪が舞ってきれいでした。






黄色い桜も咲いていました。

うこん桜でしょうか?






三門です。











武田信玄公の桜を読まれた歌がありました。


















説明がありました。



















庭園の池です。







桜の花びらが浮いていました。













参道のわきに咲いていたハナモモです。









DSC 0234


恵林寺の境内でちょうど正午になりました。

鐘楼で鐘を打つ音が流れました。

人が打っているのではないようですが、動画に撮ってみました。






これで「恵林寺の桜~甲州市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。




thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

恵林寺の桜~甲州市① 



(11:40)

2018年4月4日(水)

牧丘の乙ヶ妻のしだれ桜を撮影してから、甲州市の恵林寺に寄りました。

恵林寺の桜も満開でした。

散り始めて、風が吹くと桜吹雪になりました。


恵林寺は武田信玄公の菩提寺になります。


↑恵林寺の山門です。
















散っている桜も風情があります。







重要文化財の赤門です。













説明が書かれています。







恵林寺の説明です。







桜がきれいに咲いていました。







池と桜。






池に浮かぶ桜の花びらが良いですね。






花筏(はないかだ)です。







ちょうど風が吹いて、桜吹雪になりました。












恵林寺の桜~甲州市②に続きます。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

「森武七」歴史講演会に行って来ました~大月市 



(13:14)

2018年4月21日(土)

大月市民会館で大月市郷土研究会による歴史講演会が開かれました。

天保騒動の首謀者となった、下和田村次左衛門こと森武七についてでした。


回覧板が回ってきたので、興味があったので出席しました。



演題 「長脇差と葡萄」

講師 大月市猿橋町福泉寺寺族 神戸大学大学院教授 小笠原博毅先生でした。



講演会には90名も来られたそうです。






郷土研究会 会長さん 仁科義民さんの挨拶です。







郷土研究会 顧問 西室泰照さんの挨拶です。







講師の小笠原先生です。






































森武七については、私が2010年10月にブログに載せた記事があるので、それをもう一度載せたいと思います。






葛野川を少し入った所に、郡内一揆の代表の一人である森武七の墓があります。






↑が森武七の墓です。




↑クリックで拡大します。

大月市の指定文化財になっています。







※山梨百名山の「滝子山」の中に、森武七について書かれている個所があったので、一部抜粋しました。


滝子山を右に見て山中を急ぐ男があった。

クマザサを分け、ミズナラの木につかまり、周囲に気を配りながら進む。


1836(天保7)年8月23日、男は大月・下和田の治左衛門(武七)だった。

郡内一揆の代表の一人。

ここから東へ十数キロ、扇山のふもとにある自宅を目指していた。

(扇山ではなく、百蔵山の間違いだと私は思います。武七は下和田の住人で、下和田は百蔵山のふもとです。)


治左衛門が犬目の兵助とともに代表となった一揆勢が、滝子山から南へ流れる滝子沢の天神坂林に集合したのは、3日前の20日。

回状を見た22ヵ村の代表が次々と集まった。

準備を整え21日早朝、国中の春日居・熊野堂にある米問屋に向かった。

笹子峠を越えた一揆勢は数千人に膨れあがった。


無宿人、無頼の徒が加わって一揆は変質、2人の代表の統制から離れていった。

22日、治左衛門は一揆を見限って郡内へ引き返す。

「大月市史」の「治左衛門自首書」によると、甲州街道を避けて北にう回した。


天目山中で一泊。

平ッ沢峠で郡内に入り、3日前に意気高く見上げた滝子山の反対側に分け入った。

尾根を越えて真木の桑西に下り馬立峠、西奥山、葛籠峠、東奥山、葛野川を渡って数日後、下和田へ。

これが「大月市史」が推定するルートだ。


下和田では桂川に注ぐ蛇骨沢に身を潜めた。

ここで兵助を逃亡させた後、26日に自首。

11月に石和の牢(ろう)内で病死した。



一揆は凶作による飢きんが原因だった。

それでも山村の人たちは、貧しい暮らしの中から、役人に捕まった治左衛門らに心を尽くす。

役人にそでの下をつかませたり、綿入れの購入費、薬代を工面して差し入れる。

石和には村人2~3人を常駐させた。


滝子山は郡内一揆の出発と終えんを見届けた。

また貧しい山村の結束の象徴の役割も果たした。





thread: 山梨 | janre: 地域情報 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

真木お伊勢山の桜~大月市② 



お伊勢山の桜の続きです。

山一面に桜が咲いていました。






草むらに芝桜も咲いていました。











天満宮が祀られていました。






蝶です。

羽が痛んでいるような気がします。






遠くに富士山がぼんやり見えるのですが、写真では無理です。











満開の桜。







ピンク色の濃い桜が咲いていました。







まるで桃の花のようです。








アップで撮影。






桜を見に登っていく人がいました。







これで「真木お伊勢山の桜~大月市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。




thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

真木お伊勢山の桜~大月市① 



(10:17)

2018年4月3日

真木のお伊勢山の桜を撮影に行って来ました。

大神社から登ります。

神社の入り口に公民館があって、そこの駐車場に車を停めました。






参道です。











八重桜でした。






ミツバツツジも咲いていました。






アップで撮りました。












大神社に着きました。








案内図がありました。






さくらまつりの旗が立っていました。






桜の向こうに富士山が見えるのですが、

この日は黄砂なのか、かすんでいて肉眼でやっと見えるくらいでした。






写真だとほとんど見えません。







今年の黄砂はずいぶんひどいと思いました。








真木お伊勢山の桜~大月市②に続きます。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

市営グランドの桜~大月市 



(10:35)

2018年3月31日(土)

大月市の市営グランドの桜を撮影に行って来ました。






桜がきれいに咲いていました。


























満開の桜です。







遠くに富士山が少しだけ見えます。













桜と富士山。



















thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

勝山城跡の桜~都留市② 



勝山城跡の桜の続きです。






下に中央道が見えます。

空がすっきりしていれば、遠くに富士山も見えるのですが、今日はかすんでいて見えません。






二の丸です。






山頂に着きました。
















勝山城跡の説明が書かれていました。











男性が袋を持って、何か探しているようです。







山菜でも採っているのでしょうか?



















これで「勝山城跡の桜~都留市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。



thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

勝山城跡の桜~都留市① 



(13:21)

2018年4月3日(火)

都留市の勝山城跡の桜を撮影に行って来ました。


4月1日に都留市の西願寺のしだれ桜を撮影した後で、谷村駅の後ろに桜の咲いている山があって、

(谷村の人たちはお城山と呼んでいるそうです)勝山城跡にも行くつもりが、道に迷っていけませんでした。


家に帰ってからも、どこで迷ったのか気になり、地図を見ていろいろ考えました。

多分中央道の下を超えて行ってしまったので、とんでもない場所まで行ってしまったのだと思いました。


3日に、都留市に用事があったので、もう一度挑戦しました。

今度は迷わないで行くことが出来ました。


↑お城山の登山道です。





地図です。



行き方を簡単に説明します。


谷村駅前の道路を左折して、富士急線の線路を越えます。

少し行くとつり橋があって、つり橋を渡り右折します。

そのまま道なりに行くのですが、途中で右の道に入ります。

今回行ったとき、よく見たら、お城山の矢印が出ていました。

突き当りにトイレがあり、車が2~3台駐車できました。







ヤマブキがきれいに咲いていました。






桜がたくさん咲いています。






とてもきれいです。






三の丸です。






桜を見上げて。

本当にきれいです。
















下には谷村町が見えます。






















勝山城跡の桜~都留市②に続きます。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

猿橋公園の桜~大月市② 



白い桜を望遠で撮影しました。











桜の向こうに桂川が見えます。











釣り人がいました。

女性のように見えたので、望遠にしてみました。





もしかして、男性かも?





男性でした。






ハナモモです。











桜とハナモモ。
















これで「猿橋公園の桜~大月市」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。



thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

猿橋公園の桜~大月市① 



(16:09)

2018年3月29日(木)

猿橋公園の桜を撮影に行って来ました。






しだれ桜がきれいに咲いていました。






望遠で撮影。






椿も咲いていました。











濃いピンクの花は、ハナモモです。











ソメイヨシノだと思います。











満開でした。






望遠で撮影。






白っぽい桜も咲いていました。







猿橋公園の桜~大月市②に続きます。


thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

西願寺しだれ桜~都留市 



(11:09)

2018年4月1日(日)

都留市の西願寺にしだれ桜を撮影に行きました。

とても大きなしだれ桜で、きれいに咲いていました。
















桜の木の下で、上を眺めるととても綺麗でした。
















境内には桜を見に来ているご家族や、写真撮影の人がいました。











本堂です。







境内にはボケの花も咲いていました。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

河原の桜~大月市 



(10:57)

2018年3月31日

いつもウォーキングに行く河原に桜並木があります。

そこの桜が咲くことだと思い、一眼レフカメラを持って出かけてみました。



↑そろそろ農作業が始まるようです。





河原の木も新芽が出始めています。






川の向こう岸を、山登りのような人たちが歩いていました。

270mmの望遠で撮影。





桜並木です。

きれいに咲いていました。






青空で桜がきれいに見えます。
















桜の下の一番遠くの高い山は雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)です。






釣り人がいました。






土手に水仙が咲いていました。






桜をアップで。







キジバトもいました。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

花井寺のしだれ桜~大月市 



(10:06)

2018年3月31日

大月市七保町の花井寺(かせいじ)のしだれ桜を撮影に行って来ました。

ここのしだれ桜はそれほど大きくないけれど、きれいなしだれ桜です。































しだれ桜をアップで。











境内には水仙も咲いていました。




thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

妙円寺のしだれ桜~身延町 



(8:58)

2018年3月28日(水)

身延山のしだれ桜の撮影に行く途中、本栖湖から国道300号線を下ってくると、

左側にしだれ桜のきれいなお寺があります。


毎年きれいに咲いていました。


境内に入ってみると、妙円寺というお寺でした。





↑妙円寺の地図です。









ここも日蓮宗のお寺だそうです。





























桜をアップで撮りました。



thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

水仙と富士山~本栖湖 



(14:10)

2018年3月28日

身延山のしだれ桜の撮影の帰りに、再び本栖湖に寄りました。



富士山には雲が少しかかっていましたが、

水仙が咲いていたので一緒に撮影しました。
















いつもの展望台からの富士山です。






ダンコウバイが咲いていたので、富士山と一緒に撮影しました。






ダンコウバイです。

望遠で撮りました。


thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

本栖湖の逆さ富士 



(8:19)

2018年3月28日

身延山のしだれ桜を撮影に行く途中、本栖湖に寄りました。



びっくりしました!


逆さ富士が見えていました。


本栖湖には何度も来ていますが、こんなにきれいな逆さ富士を見たのは初めてです。



千円札の富士山にはきれいな逆さ富士が映っていますが、

本栖湖ではあまり逆さ富士が見られません。



この時間、逆さ富士が見える前は、靄(もや)が湖面に立っていたようです。

ちょうど写真を撮っていた男性が、ちょっと前までは靄で富士山が見えなかったと言っていました。



私達がこの場所に来る前にも、湖面には靄がかなり立っていました。


ちょうど靄が晴れて、逆さ富士が見えたようです。


うれしいなぁ~






きれいな逆さ富士です。






右に木を入れて。






ダンコウバイが咲いていたので、富士山と一緒に撮影したかったのですが、ちょっと無理のようでした。

黄色い花がダンコウバイです。






この花がダンコウバイです。












湖面に少し靄がたっていました。

幻想的な富士山と逆さ富士でした。







いつもの展望台に来ると、

逆さ富士はすでに薄くなっていました。

時間はわずか10分くらいしか経っていません。


湖面には小さなボートが見えました。





thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

大月エコの里 桜祭りベリーダンス 



(12:14)

2018年4月8日(日)

大月エコの里に富士山の撮影に行って来ました。


富士山が見えます。








エコの里では、ちょうど桜祭りをしていて、イベントのベリーダンスが始まっていました。

とても賑やかでした。









DSC 0249


ベリーダンスを動画で撮ってみました。

皆さんとても楽しそうでした。


しだれ桜の向こうに富士山が見えます。

thread: 祭り/イベント | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

乙ヶ妻のしだれ桜~牧丘町② 



しだれ桜の続きです。





















青空と桜。











しだれ桜の根本です。

神様が祀ってあるようです。





















少し離れた場所から撮影。






駐車場に戻る道端にハナモモが咲いていました。












これで「乙ヶ妻のしだれ桜~牧丘町」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。




thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

乙ヶ妻のしだれ桜~牧丘町① 



(10:25)

2018年4月4日(水)

牧丘町の乙ヶ妻のしだれ桜を撮影に行って来ました。

満開でした









↓乙ヶ妻のしだれ桜の地図です。



去年も来たのに、今年もまた迷ってしまいました。






橋の上から300mmの望遠で撮影しました。

遠くからも桜が咲いているのがよく見えます。



去年来た時、桜は三部咲くらいでした。

土手に咲く一本桜で、ぜひ満開の時撮影したいと思っていました。

今年は念願がかなってよかったです。


ただ、空がかすんで富士山が良く見えなかったのが残念でした。






公民館の駐車場ですが、桜を見に来ている人で満車状態でした。

駐車場からしだれ桜への道を歩きながら撮影しました。







こんな感じの山道を少し歩きます。











しだれ桜の説明が書かれていました。






すばらしいしだれ桜でした。





















しだれ桜の下に、富士山が肉眼では見えているのですが、写真ではかすんで見えません。






桜の下の富士山が少しは見えるでしょうか?






望遠にしてみました。


富士山がもっとすっきりと見えればなぁ~









乙ヶ妻のしだれ桜~牧丘町②に続きます。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

富士川クラフトパークの桜~身延町③終 



桜をアップで撮影。


























変わった桜が咲いていました。



















ここはドックランのようでした。














園内には桜がたくさん咲いていました。











これで「富士川クラフトパークの桜~身延町」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

富士川クラフトパークの桜~身延町② 



日本庭園がありました。







日本庭園の中です。







↓糸桜です。






きれいなしだれ桜でした。







アップで撮影。

綺麗~







↓ヒュウガミズキ







きれいな黄色の花でした。







日本庭園の様子です。







ハナモモも咲いていました。



















桜が道路の両脇に咲いていました。









富士川クラフトパークの桜~身延町③終に続きます。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

富士川クラフトパークの桜~身延町① 



(12:44)

2018年3月28日

身延山のしだれ桜を見た後に、富士川クラフトパークに寄ってみました。

ここは道の駅みのぶも併設しています。







春休みなので、公園には子供たちがたくさん遊びに来ていました。







ここも桜が満開でした。













家族連れが多かったです。








レンギョウの花です。








スミレもかわいらしく咲いていました。








遊具で子供たちが遊んでしました。








望遠にしました。

クッション性がある遊具のようです。







テントを持ってきている家族もいました。








富士川クラフトパークの桜~身延町②に続きます。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

身延山しだれ桜(2018)⑤終 





西谷の桜の続きです。

万両の赤い実がなっていました。








桜の後ろの山は鷹取山だと思います。






































西谷からさらに下に降りてきました。















やっと三門まで来ました。


これからまた来た道を登って駐車場まで戻ります。








三門わきの桜です。

















(11:22)

駐車場に行く車がずらっと並んでいます。

坂道なので、怖いです。



私たちも上まで歩くのは大変ですが、渋滞を待っているのはもっと大変だと思います。

何台か、Uターンして帰っていきました。



シャトルバスの予定は3月30日とあったのですが、今年は桜の開花が早かったのではないでしょうか?

渋滞するのだったら、シャトルバスのほうがずっと楽です。









これで「身延山しだれ桜(2018)」を終わります。

長い間お付き合いをしていただき、ありがとうございました。

thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

身延山しだれ桜(2018)④ 





西谷の桜の続きです。

















桜のそばに行くと、写真では表せない豪華さがあります。









ハナモモもきれいに咲いていました。


































青空と桜。










桜をアップで。

















この坊の境内では焼き団子を売っていました。

焼き団子を買って、桜茶をいただきました。

おいしかったです。















身延山しだれ桜(2018)⑤終に続きます。





thread:  | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集