まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

桂川ウェルネスパークの桜と、スマホを壊してしまったこと。(泣) 



(16:19)

2020年3月26日

鳥沢のハナモモを撮影してから、桂川ウェルネスパークに行ってみました。

桜が咲いているかな?と思ったからです。


結論は、早咲きの桜は満開で咲いていました。

ソメイヨシノは五分咲くらいでした。




↑地図です。



私はここでとんでもない失敗をしたのに気づきました。

鳥沢でハナモモの撮影をした後のことです。


スマホを上着のポケットに入れていて、車に乗ろうとしたときにポケットからスマホが滑り落ちたようでした。

それを気づかず、ドアを閉めてしまったのです。

ドアの間にスマホが挟まり、スマホが中で壊れたようです。


表面から見ていると画面は割れていませんでしたが、表面のアプリが見えません。

なんとなくひび割れたようなスジが見えました。


中が割れてしまった!


桜の写真どころではありません。

時間を見たらまだ午後4時ちょっと過ぎたばかりなので、急いでドコモに行くことにしました。





スマホの撮影ではなかったので、急いで一眼レフで何枚か撮ってみました。

公園には家族連れが何人か遊びに来ていたようでした。





早咲きの桜ですね。

満開でした。










こちらの桜はソメイヨシノです。

まだ少し早いようでした。。










この後ドコモに行きました。

故障の保証に入っていたので、修理してもらうことにしました。

11,000位かかると言われました。


修理の間、代替え機を借りることにしました。

私はスマホは電話がほとんどですが、一日としてなければいられません。

電話帳の移行はしてもらえるようですが、アプリは自分で入れないとだめだそうです。


今まで使っていたスマホのアプリも、自分で何とか入れたのだと思うけれど、できるのかどうか気が重くなりました。
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

ボタン雪が降ってきた! 



(11:45)

2020年3月29日(日)

天気予報通り、朝から雪が降り出して、午前11時ころからボタン雪に変わった。

夜は雨だったので、雪にはならないだろうと思っていたが、違った。


早く雪がやんで溶けてくれればいい。


↑隣の梅林





梅の花は散り、新芽が出てきている。

新芽の上に雪が積もっている。










我が家のハナカイドウが咲き始めた。

ハナカイドウの上にも雪が積もっている。










雪で倒れた水仙。





ミニアヤメ。

背丈は20センチくらいだが、花は割と大きい。

普通のアヤメより早く咲く。
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

七面山(1989m)登山で出会った人(女性)~回想 

私の大切な思い出のブログです。

もう20年も前の話になりました。

年の経つのは速いものです。

まだつい2~3年前のような気がします。



ちょうど明日(3月20日)は春分の日です。

七面山では春分の日と秋分の日には、ダイヤモンド富士が見られるそうです。

ダイヤモンド富士を目指しての登山者がいることでしょうね。






2009年2月20日

私が七面山へ登ったのは、よく数えてみると、6~7回位あるかもしれない。

こんなに回数が多いのは、多分、祖父が日蓮宗の信者で、父からその話を聞いていた影響からだと思う。




↑地図です。


七面山は日蓮宗の信仰の山である。

信者も登るけれど、一般の登山者も登っている。


今回の話は、2001年3月20日(春分の日)に私たち夫婦がダイヤモンド富士を撮りに行った、1年前のことだと思うから、

今から9年くらい前のことである。


この日、私は急に七面山に登ろうと思い立ち、一人で登ることにした。

季節は春の彼岸頃だった。


七面山は標高1989mで、山梨県でも南部の方の山である。

私は山登りは好きだったけれど、冬山は登ったことはなかった。

まさか今回の七面山で、アイゼンを使わなければ、登れないとは想像もしていなかった。

かってアイゼンを使ったのは、若い頃登った白馬の雪渓くらいである。



日帰りで登らなければならないので、朝4時ごろ起きて、車で出かけた。

登山を始めたのが8時頃だと思う。



始めは普通の道だった。

登山道といっても、参道だが、下の1丁目から敬慎院というお寺まで、50丁目までしるしがついている。

参道はいい道だけれど、だらだらして、とても疲れる。

普通に登ると4時間くらいはかかる意外と大変な山だ。



多分30丁目くらいからだと思うが、道が雪で凍っていて、滑って登れなくなった。

何としても登れない。

「あぁ~駄目だ!」とため息が出た。

アイゼンが無ければ無理だった!


悔しくて仕方がないが、戻ることにした。



少し戻り始めた時、上から信者の団体が降りてきた。

多分この信者の団体は、昨日敬慎院に泊まったのだと思う。


その人たちは皆、感じのいい人たちで、私にいろいろと話しかけてきた。

「一人で来たの? すごいねぇ~!」

「もう下るの?」

私が滑って登れない訳を話すと、

一人の男性が、「まだ時間が早いし、もったいないねぇ~」と言うと、

一人の中年の女性が、「私のアイゼンを使っていいですよ」と言ってくれた。

私はとてもうれしかった。


急に思い立ったにしろ、朝4時に起きて出て来たのだ。

出来ることなら、登りたかった。


その人(女性)は、「私はもう使わないので、いいですよ。お役に立ててうれしいです」

と、言ってくれた。

私は優しい、その言葉にとても感動した。



そのアイゼンのおかげで、無事に七面山に登ることが出来た。

今でも、そのアイゼンは大切にしまってある。

あの時の方、本当にありがとう御座いました。


今でも忘れられない思い出になりました。
thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

畑に咲いていた芝桜とほかの花② 



河津桜は半分散りかけていました。










フキノトウもだいぶ伸びてきました。





5~6年前だったと思いますが、身延山にしだれ桜を見に行った時苗木を買ってきました。





枝の先端に出ているちょっとピンクっぽいのは、つぼみのような感じがします。

つぼみだったらいいなぁ~





これはどう見ても葉っぱでしょう。


この身延山のしだれ桜の苗木ですが、買ったときどんな花が咲くのか写真が出ていませんでした。

けれど、私とすれば、当然ピンク色のしだれ桜の苗木だと思っていました。



去年、一輪だけ咲いた花を見て、がっかりしました。

それはピンクだとしても非常に薄い色で白に近い、どうも八重の桜のようでした。

私は身延山に咲いているピンク色のしだれ桜だとばかり思っていたので、ショックを受けました。


けれど、もっとたくさん咲くようになってみれば、白い桜でもきれいかもしれませんが・・・









身延山の樹齢400年のしだれ桜です。









桜の苗木は2m位育ちました。

今年は花が咲くでしょうか?





これで「畑に咲いていた芝桜とほかの花」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

寒い!外はボタン雪! 



(13:54)

2020年3月14日(土)

今日は朝から寒かった。

昼頃、外を見たら雪が降っていた。

ボタン雪だ。





お隣の梅林を撮影させてもらった。

もう早咲きの梅の花は散っている。





まだ咲いている梅の花もある。

梅の花と雪。

外の気温は2℃だそうだ。

寒い訳だ・・・










アセビを望遠で撮影。









我が家の庭の沈丁花。

花が咲き始めた。





かわいらしいミニスイセン。

雪で下を向いている。


寒い!

とにかく寒い。

11日には20℃もあって、暑かったけれど、

一気に真冬に逆戻りだ。
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集