まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

草むらに寝ていた猫 



2019年9月15日(日)

今日は昼間は暑かった。

夕方少し涼しくなってきたので、河原にウォーキングに行ってきた。



草むらに猫が寝ていた。

人が歩く場所からかなり離れている業務用太陽光パネルの下。

猫の下の黒いシートは除草シート。



気持ちよさそう~






周りはすごく草が伸びている。



私がカメラで撮影しているのが少しわかったようだ。

「何だろう?」と顔を上げた。





こちらを見ている。






あやしい人と思っているようだが、

かなり距離があるので、それほど気にしていない。



そのあと猫は、またお休みモードになりました。

thread: 猫の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

久しぶりに河原へウォーキングに行く 



2019年9月14日

大夫涼しくなったので、久しぶりに河原にウォーキングに行ってきた。

しばらく来なかったうちに稲はきれいに実っていた。






稲穂が垂れている。






稲刈りをしている人がいた。






刈り取って干してある稲。





花の匂いがするなと思って、見たら、葛(くず)の花が咲いていた。






以前気になってみていたトウモロコシの畑。

遠くからだけれど、どうも、トウモロコシを採った様子が見えない。

なぜだろう?





ブームにしてみた。

やはりトウモロコシを採った様子がない。

カラスなどにだいぶつつかれているようだ。



もったいないねぇ~


食べればよかったのにね。

この家ではトウモロコシをまくだけまいて、そのままだったようだね。






家族で稲刈りをしているようだ。

今日は土曜日だからなのだろう。







thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

猿橋駅の「ヤマナシ」 



2019年9月3日

JR猿橋駅前に「ヤマナシ」の木がある。

毎年小さな梨がなっている。

今年もたくさんなった。


この梨は「ヤマナシ」という種類だという。











日にちが立てばもっと大きな実になるかもしれない。

写真を撮るのが早すぎたかも・・・





ヤマナシの説明が書かれていました。
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

ニラの花から芽が出てきて、びっくり! 



2019年8月26日


庭の隅に以前ニラの苗を植えたことがあった。


それ以来、ニラはどんどん増えていった。


若芽が伸びたときは切って料理に使ったこともあったが、

それほど柔らかくないので、ほとんど伸びたまま。



何日か前に気づいたのだが、

一本のニラの花に、芽が出ていた。






ニラの花はほかにたくさん咲いているが、

花の上に芽が伸びているのは、このニラだけ。


まぁ、そのうち同じように芽が出てくるニラもあるかもしれないけれど。






これがニラの花。



ニラって強い植物だなと思う。


土に落ちたわけではないのに、

花の上に芽が出るのだからね・・・

thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

「花の鎖」湊さなえと、八ヶ岳に咲いていたコマクサの思い出 



2019年7月27日


湊かなえさんの「花の鎖」を読み終わった。


湊かなえさんの小説は初めて読んだ。


毎年届く謎の花束。 差出人のイニシャルは「K」


いくつかの話から始まって、「K」とは誰なのだろう?

どういう展開になるのだろうと不思議だったが、

最後になって全部がつながってきた。


あぁこういう意味だったのだと。



文中に八ヶ岳へ、コマクサを探しに行く場面が出てくる。

小説では硫黄岳から赤岳に登山している。



私たち夫婦も以前八ヶ岳に登ったことがある。

私たちは赤岳から硫黄岳に縦走したとき、

硫黄岳に一面コマクサの群生を見た。


すばらしかった!

感動した!


この時のコマクサを思い出しながら読んだ。



コマクサは、高山植物の女王と呼ばれている。

出来ることなら、

もう一度、あのコマクサの群生をこの目で見てみたいと思っている。







気になって、硫黄岳に登ってコマクサの写真を撮ったのを探し出した。


当時はフィルムのカメラで、ブログもしていなかったので、写真も適当だった。

ただ、赤岳から硫黄岳に向かっているときに、突然斜面に咲いていたコマクサに驚いた。


日付を見たら2001年7月19~20日の登山だった。

色が少しあせてしまったけれど、スキャナーで取り込んだ。





コマクサです。





斜面一面に咲いていました。

当時、こんなにたくさんのコマクサに出会えるとは思ってもいませんでした。

うれしかったです。


花に出会えるのも、本当に一期一会だと思います。





コマクサの写真を撮っている時に、ちょうど小さな小鳥が小さな岩の上にとまりました。





近くに咲いていたコマクサです。


この時の風景は今でも脳裏に浮かんできます。

thread: 読書記録 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集