まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

八方池~唐松岳登山④(回想)終 



唐松岳頂上山荘から山頂に行く途中に、まだコマクサが咲いていました。

もうほとんど枯れていて、最後のコマクサだと思います。






雪渓が残っていました。






チシマギキヨウもまだ頑張って咲いていました。






トウヤクリンドウが咲いていました。






(13:35)やっと唐松岳山頂に着きました!

2696.4mとあります。

残念ながらガスが出ていて、周りは見えませんでした。






拡大写真

しばらくすると、ガスの切れ間に大きな山が見えました。

この山は五竜岳(2814m)だそうです。

けれどすぐに見えなくなりました。






下に唐松岳頂上山荘が見えました。



夜になってから、のどがとても痛くなってきました。

風邪をひいたようです。

こんな高い山で風邪をひいてしまい、とても不安になりました。

うっかりして、風邪薬を持って来ませんでした。

同室だった方から訳を言って、風邪薬を分けてもらいました。

とても感謝しました。

風邪薬も用意してくるものだと、痛感しました!


運悪く、大型台風も近付いてきていました。

明日は何とか無事に下山をしなければなりません・・・









(6:50)9月5日です。

朝、天気が悪くてご来光は見えませんでした。


これから下山をします。

のどは相変わらず痛いけれど、何とか下まで降りなければなりません。

のどにはハンカチを捲きつけました。


ガスの先に見えている方角が、五竜岳への縦走路です。

先が全くと言っていい程見えません。

昨夜同室で風邪薬をもらった方は、五竜岳に縦走する予定だったのを、天気が悪いので止めると言っていました。






岩に垂れ下がって咲いているけれど、イブキジャコウソウだと思います。






シナノオトギリが咲いていました。







拡大写真

(8:25)だいぶ下に降りて来ました。

そろそろ八方池が見える頃だと思います。







拡大写真

(8:30)やっと八方池の近くまで下って来ました。

大好きな松虫草です。

この写真は私のお気に入りの1枚です。







拡大写真

登るときには行けなかった、池の向こう側へ回ってみました。

八方池の説明がありました。

八方池の海抜は2060mだそうです。






(8:45)飯森神社奥社がありました。

相変わらずのガスで周りは何も見えません。






(8:53)時間が早いのでまだ人は見えないようです。

霧の中の八方池もまた幻想的です。


休んでいると、それでも何人か登って来ました。

今から唐松岳に登るのだそうです。

大型台風が来ていて、大丈夫だろうかと心配になりました。






ゴンドラリフトに向かう途中で、ミヤマコゴメグサが咲いていました。

来る時汗をかいて登った道です。






(9:20)小さな池がありました。






シモツケソウが鮮やかなピンク色で咲いていました。






(9:45)下界は晴れているようでした。




この後で白馬村に一泊して、帰りました。

台風は近付いているようでしたが、ここはまだそんなに雨は降ってはいませんでした。

北海道に帰るという二人の登山者が、飛行機が出なくなったのでどうしようかと心配していました。



私たちも中央高速で山梨に入ったころから、段々と雨と風が強くなってきました。

余裕を言っていられなくなりました。



国道20号線で初狩を通る時、連続雨量200ミリで通行止めと書かれているところを、188ミリでやっと通過することが出来ました。



帰宅してからは大型台風と、唐松岳で引いた風邪がなかなか治らなくて、大変な思いをしました。






これで「八方池~唐松岳登山」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

八方池~唐松岳登山③(回想) 



拡大写真


(12:55)雪渓のある場所に来ました。

地図には扇雪渓とあります。

涼しいのでしばらく休憩をしました。






キイチゴがなっていました。






ヤマハハコです。






(13:20)尾根に出ました。






タテヤマリンドウが咲いていました。











コイワカガミも咲いていました。






(13:40)丸山ケルンに着きました。

ここで中高年の3人の男性の登山者が休んでいました。

今朝唐松岳に登り、もう降りて来たのだそうです。

地元の方たちだそうですが、すごいですね~!

「私たちは山梨から来た」と話すと、「最近北岳に登ったけれど、あの山は大変だった」と話してくれました。

「やっぱりなるほどね~!」と私も同感でした。






これから尾根道を進みます。

遠くにぼんやりと見える山が唐松岳のようです。






オヤマリンドウが咲いていました。






(14:35)ライチョウを発見しました!

山に登ってライチョウは何度か見ましたが、やっぱりうれしいですね~

動くライチョウを、カメラで追いかけました。






拡大写真


ちょうどこんな具合に岩の上に止まってくれました。






拡大写真


(14:40)ここが唐松岳に登る途中で、一番気をつけなければならない場所だと思います。


普通に歩いていればどうと言うことはないと思いますが、私はここでヒヤッという思いをしました。

疲れていたのだと思いますが、石に躓(つまず)いて転びそうになりました。

左下を見たら、切り立った崖でした。

もし、転んで下まで転げ落ちたらと思うと、恐ろしくなりました・・・


いい訳に聞こえるかも知れませんが、主婦が出かけるのにはいろいろと大変です。

家のことや、すべて片づけて出かけなければなりません。

どうしても無理をしがちになると思います。(日ごろ怠け者の私の場合ですが・・・)

皆さんもあまり無理をしないで山に登ってくださいね。






(14:50)やっと唐松岳頂上山荘に到着することが出来ました!

やれやれです・・・






あの山が唐松岳(2696m)です。

これから宿泊の受付をして、ザックは置いて登ることにします。








八方池~唐松岳登山④に続きます。

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

八方池~唐松岳登山②(回想) 



(11:35)やっと八方池に着きました!

八方池山荘から1時間35分かかりました。

そんなに暑いわけではないのに、汗ダクダクになりました。

人はたくさん登っていますが、ほとんど八方池までの人が多いようです。

ガスで遠くの山が見えません。

とても残念でした・・・






ケルンがありました。

八方ケルンだと思います。






八方池から少し登った、唐松岳登山道寄りのところに、またマツムシソウが咲いていました。






唐松と書いてあります。

第3ケルンだと思います。






八方池をもう一度撮りました。

池の向こうへは、下山の時に回って来ました。






白くて綺麗な岩がありました。






(12:00)登山道から下に、こんな小さな池も見えました。






下のほうからガスが湧き上がっています。






ダケカンバかな?

木の種類がよくわかりません。






アザミに似ているけれど、タムラソウだと思います。






ハクサンシャジンです。

この花が登山道にたくさん咲いていて、とても綺麗でした。






岩の間にシナノオトギリが咲いていました。






キバナノカワラマツバ(?)






(12:25)八方尾根を歩いています。

この辺りはとても歩きいい道です。






タテヤマウツボグサだと思います。






ミヤマトリカブトが咲いていました。






オトギリソウです。






ナナカマドの実が少し赤くなっていました。







八方池~唐松岳登山③に続きます。





thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

八方池~唐松岳登山①(回想) 




拡大写真


2007年9月4~5日に八方池~唐松岳(2696m)に登りました。

上の写真は唐松岳頂上山荘前から撮った、北アルプス・唐松岳(2696m)です。

私たち夫婦はあまり体力のない中高年の登山者なので、とてもスローペースです。

私たちと同じような方でしたら、時間を参考にしてください。


唐松岳地図











9月4日(9:00)駐車場です。


ゴンドラリフトアダム駐車場地図




ここからゴンドラに乗ります。






ゴンドラです。






ゴンドラを降りた近くの湿地帯です。







拡大写真

(10:00)八方池山荘がありました。






ここを登って八方池に向かいます。

あたりはガスが少し出ています。






ハクサンシャジンが咲いていました。






ハクサンシャジンの説明がありました。






(11:20)ケルンがありました。






タテヤマウツボグサが咲いていました。






タテヤマウツボグサの説明です。






(11:30)八方ケルンに着きました。






八方ケルンの周りにマツムシソウが咲いていました。






大好きな花なので、うれしくなりました。






こんな感じで咲いていました。







八方池~唐松岳登山②に続きます。





thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

長九郎山のアマギシャクナゲ② (回想) 


チチブドウダンが咲いていました。

雨が降ってきたので、カメラに雫がついてしまったようです。






(10:50)めずらしい岩がありました。

大きな岩の下に木の根が回っています。

自然の力のたくましさを感じました!






登山道は柔らかな新緑でとても気持ちがいいです。






ツルシキミの花が咲いていました。






(10:55)やっとアマギシャクナゲが咲いていました!

このシャクナゲを見ることが出来て、とてもうれしいです。

本の表紙程の花の数ではありませんが、とても感激しました。






アマギシャクナゲ②


アマギシャクナゲをアップで撮りました。

私が見た限り、アズマシャクナゲに良く似ています。

どこが違うのか分りませんが、とにかく見れたことでバンザイです!






アマギシャクナゲ③

遠くに咲いているのを望遠で撮りました。

ホントに綺麗です。






(11:00)やっと長九郎山山頂に着きました。

下から3時間かかりました。






地図がありました。






展望用のやぐらがありました。

雨が降っているけれど、気をつけて登ってみます。






遠くが良く見渡せます。

天気が良ければ、最高だと思いますが仕方がありません。






山頂のアマギシャクナゲです。

ここはまだ花が開いていません。






ツルシキミの赤い実です。






ヤマツツジも咲いていました。






(14:10)宝蔵院まで下山をして来ました。

境内にある樹齢400年といわれている弘法杉です。






弘法杉の説明です。











帰りの道にはあちこちで、こんな感じに夏みかんが生っていました。

さすがに伊豆だな~と思いました。


私の住んでいる所では、こんな景色は見られません。


あまり美味しそうだったので、ちょうど収穫をしていた奥さんに少し分けていただきました。

普段は酸っぱそうなので、あまり食べたいと思いませんでしたが、この夏みかんはとても美味しかったです!


とてもいい思い出になりました。







これで「長九郎山のアマギシャクナゲ」は終わります。

最後まで見ていただきありがとう御座いました。


thread: 山の風景 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集