まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

七面山からのダイヤモンド富士~思い出の登山(2001年) 

今から16年も前の写真になります。

ダイヤモンド富士を撮影するために、夜中に七面山に登りました。





↑七面山地図



その当時はダイヤモンド富士の知識は全くありませんでした。


ただ七面山から、お彼岸のお中日には富士山の山頂から太陽が昇るというのを、七面山に登っている時に、信者の方から聞いたのがきっかけでした。


富士山頂から太陽が昇るのはダイヤモンド富士と言われています。


「ダイヤモンド富士」是非見たかったです!



その後、ダイヤモンド富士は山中湖などでも、撮影できるのが分かりましたが、

七面山からの朝昇るダイヤモンド富士は、そうそう簡単には撮影できません。



ダイヤモンド富士を撮影したい!


その一心で登った登山の思い出です。



ダイヤモンド富士は気象条件がすべて合わなくては撮影できません。

カメラの操作もよく分からなく、いきなり登った大変だった夜中の登山。

その時のカメラは、ペンタックスの一眼レフでしたが、フィルムのカメラでした。

三脚と一眼レフカメラ、夫がザックに入れて背負って登ってくれました。



けれど本当に運よく富士山の山頂から太陽が昇ってくれました。



神様と日蓮聖人と、、、夫に感謝です。













↑クリックすると拡大します。


2001年3月20日(春分の日)

この日は私たち夫婦の思い出の日になりました。

前日の夜中から七面山(1989m)に登り始めて、

やっと早朝、この「ダイヤモンド富士」の写真が撮れたからです。



七面山(1989m)は人が登るのには、ロープウェーも、ケーブルカーもありません。

昼間の登山では、何度か登りましたが、4時間くらいかかります。



この山はかって登山中に、日蓮宗の信者の方から、

春の彼岸と秋の彼岸のお中日には、「ダイヤモンド富士」が見られると聞きました。

是非、七面山からの「ダイヤモンド富士」を撮りたいと思い、夫と二人で登ることにしました。



夜中の12時頃から登り始めて、やっと日の出に間に合いました。

途中で、私が具合が悪くなり、一度は引き返そうかとも思いました。



けれど、下から何人かやはり「ダイヤモンド富士」の写真を撮る人が来て、

今年は8年ぶりに「ダイヤモンド富士」が見られると話してくれました。



天気やその他の条件が合わなければ、「ダイヤモンド富士」にはなりません。


やっとご来光場に着いた時には、人がいっぱいで、三脚は離れた場所に立てるしかありませんでした。

けれど今、写真を見ると、ちょうどいい場所だったと思いました。



春の彼岸なのに、すごい雪でした。

人の歩かない場所は50センチ位は積もっていたと思います。








日の出からの感動の瞬間を順次写真に載せてみました。





富士山の後ろがうっすらと明るくなりました。







いよいよ太陽が顔を出しそうです。

感動の瞬間が始まろうとしています!







太陽が見え始めました!

私も興奮して、胸がドキドキと鼓動を打ち始めました!









たくさんのアマチュアカメラマンはしきりにシャッターを押し、

また、日蓮宗の信者の団体が「バンザイ!」と叫ぶ声が聞こえました。



素晴らしい瞬間でした。

この感動は忘れられません。


七面山に登ることさえ大変なのに、「ダイヤモンド富士」を見ることが出来ました。

とても今では、このような山行は出来ません。

それにもし登れても、このような素晴らしい「ダイヤモンド富士」を見ることは難しいと思います。



とても懐かしい思い出になりました!


thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

今年初めての山中湖ダイヤモンド富士♪ 



(16:01)


2016年10月26日(水)

今日は朝からとても良い天気でした。

それに富士山は初冠雪だったそうです。


午前中、夫は用事があったので、午後山中湖にダイヤモンド富士の撮影に行くことにしました。

出かけるのが遅かったのですが、国道138号線が渋滞で車が動かなくなりました。

午後3時近くまでには山中湖の平野まで行きたかったのですが、3時半すぎても国道は動きません。

何だろう?と前を見ても大きなトラックで見えません。

時間が気になるし、イライラしました。



渋滞の原因は工事でした。

ダイヤモンド富士は待ってくれないので、本当にむかつきました。





やっと滑り込みセーフという感じで、きららの駐車場に入りました。

夢中で三脚を出して、慌てて目星をつけていた場所に向かいました。



↑太陽はもう富士山の山頂に近づいていて、なんとか撮影できたダイヤモンド富士です。

ダイヤの前の写真もありますが、それは載せないで置きます。






(16:01)


 山頂ぴたりになりました。



当然ですが三脚を立てる場所も空いていなくて、砂のでこぼこしたところにやっと大慌てでセットしました。

普段あまり三脚を使わないので、うまくセット出来ませんでした。


この写真が今回では一番きれいなダイヤモンド富士だと思います。

後で気が付いたのですが、いつも出るゴーストも出ませんでした。


ラッキーでした。







(16:02)

太陽は少し沈みかけています。






ダイヤモンド富士を撮影に来た人たちです。













湖畔と山の様子です。






(16:06)

太陽は山頂に沈みました。







手前に咲いていたピンクの花と富士山です。




ダイヤモンド富士になる少し前は、富士山に雲が出ていて山頂が見え無くなっていました。

ダイヤの時間に見えてよかったです。


国道138号線の渋滞があと5分遅れたら、ダイヤモンド富士の撮影はできませんでした。

運が良かったなと思います。

thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

ダイヤモンド富士~山中湖(ママの森の下) 



(16:17)

2016年2月8日(月)

この日は午前中都留市に用事がありました。



今は山中湖でダイヤモンド富士の時期になります。

午前中は何となく曇っていましたが、天気予報を見るとずっと晴れマークが付いていました。

山中湖も晴れマークでした。



用事が早めに済んだので、そのまま山中湖にダイヤモンド富士の撮影に行くことにしました。

今日はどうも山中湖のママの森あたりのようです。



これまでママの森でダイヤモンド富士の撮影はしたことがありませんでした。

駐車場が離れているので、歩道をだいぶ歩いて行かなければなりません。


待っているのが寒いだろうな?



これまでの経験でダイヤモンド富士の時期は駐車場がすごく混みます。

少し早い時間に入ることにしました。



↑ママの森の下からのダイヤモンド富士です。

ちょうど富士山の真ん中近くに太陽が沈みました。












(15:06)

撮影場所はあの人がいるあたりのようです。

湖畔を歩いて来るときはものすごい寒さでした!







すでに何人かカメラマンが来ています。

この寒さの中を午後4時過ぎまで待っているのでしょうか?


私も待っていられるだろうか?






(15:56)

この時間は、太陽はこのくらいの位置にいました。







(16:09)







(16:13)

太陽が山頂にかかり始めました。

このころ湖の左側から遊覧船が近づいて来ました。

近くの人の話だと、ダイヤモンド富士を撮るための遊覧船だそうです。







(16:17)

ダイヤモンド富士になりました








(16:17)







(16:17)







(16:17)







(16:18)

太陽は山頂に沈みました。







(16:08)

ダイヤモンド富士を撮影に来た人や、見に来ていた人たちです。

こんなにたくさん来ていたとは驚きました!



thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

花の都公園からダイヤモンド富士~山中湖村 



(15:32)

2016年1月4日

山中湖花の都公園にダイヤモンド富士の撮影に行きました。







ちょうど真ん中に沈みましたね。

すごい!


































(15:12)

ダイヤモンド富士の撮影に来ている人たちの様子です。




thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

竜神池Wダイヤモンド富士~富士本栖湖リゾート 



(7:49)

2016年1月4日(月)


この日は早朝4時起きで家を出て高速を飛ばし、まず本栖湖の富士山から昇る朝日の撮影に行きました。



最近、富士本栖湖リゾート竜神池の正月のWダイヤモンド富士がTVでも放送され、有名になったようなので、こちらのWダイヤモンド富士のブログを先にアップしようと思います。


↑竜神池の湖畔にはすでにカメラマンがびっしりと並んで、三脚を立てる場所はありませんでした。

仕方がなく後ろの列に並べましたが、これでは池に映るダイヤが撮影できません。


ここにはもう何年も前から正月のWダイヤモンド富士の撮影に来ていますが、精進湖で先に朝日の撮影をして来ても、なんとか前列に三脚を立てることが出来ました。


ところが近年はバスツァーのカメラマンもいて、とても時間ぎりぎりでは三脚は立てられなくなりました。



余裕をかました私が甘かったです!







こんな感じです。

池に映る富士山も人の間から見えるくらいで、それもダイヤの時間になると見えるのかどうかわかりませんでした。



ちょうどその時、精進湖で撮影してきたという方が、私の隣に三脚を立てました。

その方は後ろの列ではだめなので、手持ちで撮影すると言うので、私も手持ちで撮影することにしました。






(7:58)

もうすぐ太陽が出そうな感じです。



前列に三脚が並んでいる間で、ちょうど人一人入れるくらいの隙間にもぐりこみました。

両脇の方たちに怒られそうな感じでしたが、やっと富士山と池の入る場所で撮影できそうです。







(7:59)

朝日が出始めました!

緊張の瞬間です。







(7:59)

少しずつ朝日が昇って来ました。








(7:59)







(7:59)






(7:59)

朝日が山頂に昇りました。

湖面にも太陽が映り、きれいなWダイヤモンド富士になりました

今年は暖かいからか、湖面の氷も解けていて、とてもきれいでした。






(7:59)

夢中で手持ちで撮影していたのですが、手がかじかんで途中でシャッターが切れない時がありました。

暖かい正月と言っても、ここ本栖湖付近は寒いです。












(7:55)

撮影の前に湖畔の周りの様子を撮影しました。

たくさんの人が来ていました。



とてもこの間に三脚を立てるのはどう見ても無理です!







後で人に聞いたのですが、バスツァーの方たちは朝6時ころから来て三脚を湖畔の周りに立てて待っていたようです。

私はいつものつもりで、ほかで撮影してから行ったのですが、そんなことでは三脚の場所は取れないはずでした。



今は、昔のように甘く無くなりました・・・


thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集