まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

ダイヤモンド富士~山中湖(ママの森の下)(回想) 



(16:17)

2016年2月8日(月)

この日は午前中都留市に用事がありました。



今は山中湖でダイヤモンド富士の時期になります。

午前中は何となく曇っていましたが、天気予報を見るとずっと晴れマークが付いていました。

山中湖も晴れマークでした。



用事が早めに済んだので、そのまま山中湖にダイヤモンド富士の撮影に行くことにしました。

今日はどうも山中湖のママの森あたりのようです。



これまでママの森でダイヤモンド富士の撮影はしたことがありませんでした。

駐車場が離れているので、歩道をだいぶ歩いて行かなければなりません。


待っているのが寒いだろうな?



これまでの経験でダイヤモンド富士の時期は駐車場がすごく混みます。

少し早い時間に入ることにしました。



↑ママの森の下からのダイヤモンド富士です。

ちょうど富士山の真ん中近くに太陽が沈みました。









(15:06)

撮影場所はあの人がいるあたりのようです。

湖畔を歩いて来るときはものすごい寒さでした!







すでに何人かカメラマンが来ています。

この寒さの中を午後4時過ぎまで待っているのでしょうか?


私も待っていられるだろうか?






(15:56)

この時間は、太陽はこのくらいの位置にいました。







(16:09)







(16:13)

太陽が山頂にかかり始めました。

このころ湖の左側から遊覧船が近づいて来ました。

近くの人の話だと、ダイヤモンド富士を撮るための遊覧船だそうです。







(16:17)

ダイヤモンド富士になりました








(16:17)







(16:17)







(16:17)







(16:18)

太陽は山頂に沈みました。







(16:08)

ダイヤモンド富士を撮影に来た人や、見に来ていた人たちです。

こんなにたくさん来ていたとは驚きました!
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

二十曲峠ダイヤモンド富士~忍野村(回想) 

去年(2020年)の正月のブログです。

まさかその後、新型コロナウィルスが世界中に広がるなんて、夢にも思いませんでした。








(15:10)

2020年1月5日(日)

この日は初もうでに行く予定の日でした。


初もうで、兼、富士山の撮影で出かけました。

正月の5日で日曜日なので人が多いかなと思っていましたが、観光地は意外と人が少なかったです。

きっと、6日から仕事の人が多く、家に帰ったのだと思います。



幸い朝から天気が良くて、ずっと富士山が見えていました。

忍野村、山中湖などを回って富士山を撮影しましたが、

最後に二十曲峠にダイヤモンド富士の撮影に行きました。

ダイヤモンド富士の撮影は久しぶりでした。

二十曲峠に来たのも何年ぶり位です。

それに、しばらく工事中で峠には来れなかったと思います。


日陰の林道は凍っていました。

怖かったです。

↑二十曲峠の写真です。

ダイヤモンド富士目当てのカメラマンが、何人か来ていました。












撮影に来ている人の車です。





(15:31)

最近ダイヤモンド富士の撮影をしなかったので、設定を忘れてしまいました。









(15:49)
山頂に太陽がかかりました。


何とか設定を思い出しました。
間に合ってよかったです。





(15:50)
ちょうど真ん中でした。










久しぶりにダイヤモンド富士が撮影出来てよかったです。





撮影している人たちです。
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

竜神池Wダイヤモンド富士~富士本栖湖リゾート(回想) 

2016年1月4日に富士本栖湖リゾートに、ダイヤモンド富士の撮影に行った時のブログです。

寒かったです!

コロナもそうですが、今ではとても行く元気はありません。


今年も(2021年)テレビ朝日で竜神池からのダイヤモンド富士の中継をしていました。

今年もきれいなダイヤモンド富士になりましたね。

私が撮影に行った年ですが、ダイヤにならない年もあったんですよ。

ずっと寒いのに待っていて、ちょうどダイヤの瞬間だという時に雲が流れてくるのです。

悔しかったですね。



自分のブログを見ていて懐かしくなりました。









(7:49)

2016年1月4日(月)


この日は早朝4時起きで家を出て高速を飛ばし、まず本栖湖の富士山から昇る朝日の撮影に行きました。



最近、富士本栖湖リゾート竜神池の正月のWダイヤモンド富士がTVでも放送され、有名になったようなので、こちらのWダイヤモンド富士のブログを先にアップしようと思います。


↑竜神池の湖畔にはすでにカメラマンがびっしりと並んで、三脚を立てる場所はありませんでした。

仕方がなく後ろの列に並べましたが、これでは池に映るダイヤが撮影できません。


ここにはもう何年も前から正月のWダイヤモンド富士の撮影に来ていますが、精進湖で先に朝日の撮影をして来ても、なんとか前列に三脚を立てることが出来ました。


ところが近年はバスツァーのカメラマンもいて、とても時間ぎりぎりでは三脚は立てられなくなりました。



余裕をかました私が甘かったです!







こんな感じです。

池に映る富士山も人の間から見えるくらいで、それもダイヤの時間になると見えるのかどうかわかりませんでした。{/kuri_5/}



ちょうどその時、精進湖で撮影してきたという方が、私の隣に三脚を立てました。

その方は後ろの列ではだめなので、手持ちで撮影すると言うので、私も手持ちで撮影することにしました。






(7:58)

もうすぐ太陽が出そうな感じです。



前列に三脚が並んでいる間で、ちょうど人一人入れるくらいの隙間にもぐりこみました。{/body_fall/}

両脇の方たちに怒られそうな感じでしたが、やっと富士山と池の入る場所で撮影できそうです。







(7:59)

朝日が出始めました!

緊張の瞬間です。







(7:59)

少しずつ朝日が昇って来ました。








(7:59)







(7:59)






(7:59)

朝日が山頂に昇りました。

湖面にも太陽が映り、きれいなWダイヤモンド富士になりました

今年は暖かいからか、湖面の氷も解けていて、とてもきれいでした。






(7:59)

夢中で手持ちで撮影していたのですが、手がかじかんで途中でシャッターが切れない時がありました。

暖かい正月と言っても、ここ本栖湖付近は寒いです。









(7:55)

撮影の前に湖畔の周りの様子を撮影しました。

たくさんの人が来ていました。



とてもこの間に三脚を立てるのはどう見ても無理です!







後で人に聞いたのですが、バスツァーの方たちは朝6時ころから来て三脚を湖畔の周りに立てて待っていたようです。

私はいつものつもりで、ほかで撮影してから行ったのですが、そんなことでは三脚の場所は取れないはずでした。



今は、昔のように甘く無くなりました・・・
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

二十曲峠ダイヤモンド富士~忍野村(2020年) 



(15:10)

2020年1月5日(日)

この日は初もうでに行く予定の日でした。


初もうで、兼、富士山の撮影で出かけました。

正月の5日で日曜日なので人が多いかなと思っていましたが、観光地は意外と人が少なかったです。

きっと、6日から仕事の人が多く、家に帰ったのだと思います。



幸い朝から天気が良くて、ずっと富士山が見えていました。

忍野村、山中湖などを回って富士山を撮影しましたが、

最後に二十曲峠にダイヤモンド富士の撮影に行きました。

ダイヤモンド富士の撮影は久しぶりでした。

二十曲峠に来たのも何年ぶり位です。

それに、しばらく工事中で峠には来れなかったと思います。


日陰の林道は凍っていました。

怖かったです。

↑二十曲峠の写真です。

ダイヤモンド富士目当てのカメラマンが、何人か来ていました。












撮影に来ている人の車です。





(15:31)

最近ダイヤモンド富士の撮影をしなかったので、設定を忘れてしまいました。









(15:49)
山頂に太陽がかかりました。


何とか設定を思い出しました。
間に合ってよかったです。





(15:50)
ちょうど真ん中でした。










久しぶりにダイヤモンド富士が撮影出来てよかったです。





撮影している人たちです。
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

久しぶりの「二十曲峠ダイヤモンド富士」~速報 



(15:50)

2020年1月5日(日)

何年かぶりに忍野村の二十曲峠に行ってダイヤモンド富士の撮影をしてきました。

何とか富士山の山頂に太陽が沈んでくれました。


よかった~


詳細は後ほど
thread: 富士山 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集