まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

大河ドラマ「武田信玄」 





今、好きな時代劇番組は、BSプレミアムで日曜日午後12時に再放送している大河ドラマ「武田信玄」です。

もう、あと少しで終わりになります。



やっと京に上れる頃、病が信玄の体を襲って来ました。

悔しさはいかばかりだろうかと思いました。

信州駒場で亡くなるそうです。




オープニングの音楽と、炎をバックにした、武田の騎馬隊が走る場面が好きです。

中井貴一さんの信玄公、とてもよく似合っていると思います。


thread: 大河ドラマ | janre: テレビ・ラジオ |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

「海賊と呼ばれた男」を読み終わる。 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社



海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社




海賊と呼ばれた男(上・下)を読み終わりました。

一代で石油会社「国岡商店」を築きあげた男の物語です。

男の名前は国岡鐵造(てつぞう)。



読み始めは私には少し難しいなと思ったけれど、なんとか読み終わりました。

信念を持った男の一生の物語でした。

いろいろ考えさせられました。



何かを成し遂げるのには、いろいろな苦難が付いて回るのだなと改めて思いました。
thread: 最近読んだ本 | janre: 本・雑誌 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

タイヤチェーンの取り付けは難しい ^^; 



(8:08)


2017年2月11日(土)

道の駅富士吉田で道路の凍っているのが少し解けるのを待っていた時のことです。



↑道の駅富士吉田の駐車場です。

連休なのに車の数が少ないです。







私達の車の少し前に大きな四駆の車が入って来ました。

中から二人降りてきて、どうもタイヤチェーンを取り付けようとしているようでした。







だいぶからかっているようですが、なかなか取り付けられないようでした。

きっと、今日、初めてつけようとしたのだと思います。







箱の説明書を読んだり、車の下にタイヤチェーンを置いたりしていました。








かなり時間がかかっていました。







結局取り付けはあきらめたようでした。



いきなり取り付けは難しいのでしょうね。

家で練習したほうが良いのではと、車の中から見ていて思いました。(余計なお世話)

そういう私もタイヤチェーンの取り付けは出来ません。


これはヤバイのではないかい・・・ 

thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

雪が降って来た! 



(16:16)

2017年2月10日(金)

雪がかなり降って来た。

天気予報だと夕方は降らないようなことを言っていたが、まったく違った。



↑隣の梅畑。








モクモクと降る雪。

あまり降っては困るのだけれど・・・
thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

インフルエンザ罹患の続きです② 

インフルエンザに罹って辛かったことの一つに、夜が長いことでした。


昼間も、具合が悪いのでずっと寝たきりです。


熱が出る、咳がでる、吐き気がする、、、体がそこらじゅう重苦しい。

これは辛かったです。

けれど昼間はまだ、明るいし、家族も起きています。

夜になると、眠りたくても、体がそこらじゅう痛いし、昼も、うとうと寝ているので、眠れないのです。



時計を見て、今何時だろうと、時間ばかり気になりました。


長~い夜でした。


これは辛かったです。


毎晩入っているお風呂にも入れず、

とてもお風呂どころではありませんでしたが・・・

気持ちが悪いし、


本当につらかったです。



同じ姿勢では体が痛いので、上を向き、横を向き、、、


私は猛烈に熱が出たのは2~3日でしたが、これで具合が悪くてずっと寝ている人はどんなに大変だろうと思いました。



やっと熱も収まって、3日目にお風呂に入りました。

お風呂がこんなに気持ちが良いと思ったのは久しぶりでした。

すっきりしました。




そのあと、すっきりと具合が良くなったのではありませんが、夜、眠れるようになりました。


うれしかったです!



食べるものも、徐々に増えて行きました。

これからは無理をしないで治していこうと思います。



インフルエンザに罹ったのも、体が疲れて無理を押していたのだなと自分で思います。

けれど、しなければならないことがいろいろあるんですよね。



全くの専業主婦という訳でもなく、しなければならない用事が次々と押し寄せるように出て来るのです・・・

thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集