まい ふぉと ぶろぐ

主に富士山、風景、身近な花などの写真ブログです。

従妹のM姉ちゃんが亡くなった。 

ある日の夜、8時近くだったと思う。


従兄から電話があった。

何だろうと?思って出ると、いきなり「M子が亡くなった」と言った。

びっくりした!

亡くなった従妹は、家も近かったので、子供のころから姉妹のように親しくしていた。


私より4歳年上だったので、ずっとM姉ちゃんと呼んでいた。



母親が私の家から出た人なので、

私にとっては叔母さんだけれど、良くお互いの家を行き来していた。

M姉ちゃんは同じ市内に嫁ぎ、その後もずっと親しくしていた。



元気な人だったけれど、6年くらい前にガンの手術をし、それ以来だいぶ痩せてしまった。

それでも、元気だった。

若いころからおしゃれだし、美人だった。



ガンを患う前は、元気で、山も登るし、旅行もかなり出かけていたようだった。

ガンは健診で見つかったようだけれど、

その前に中国にヒマラヤの青いけしの花を見に行く予定だったそうだ。

外国旅行はかなり行っていると聞いたけれど、

ヒマラヤの青いけしが咲いている現地まで行く予定だったとは、驚いた。


葬儀の時に、檀家のご住職が挨拶をした言葉の中に、

「Mさんはヒマラヤにも行って来たという」と話された。


M姉ちゃんは、いつヒマラヤまで行ったのだろうと?疑問に思った。

手術してよくなってから、ヒマラヤの青いけしを見に行ったのだろうか?

M姉ちゃんの妹にその事を聞いたら、わからないと言っていた。


本当だろうか?と思い、びっくりした!



M姉ちゃんは、料理もとても上手な人だった。

私は内心お店を出せばいいのにと思うほどだった。



ある日、私の家に来た時、我が家に白い花の咲くクジャクサボテンの鉢植えがあった。

私がクジャクサボテンの葉っぱをさして、増やしたものだった。

M姉ちゃんがもらっていくというので、もっていってもらった。



私の白花クジャクサボテンは大きな鉢植えだったが、いつの間にか手入れが悪くて枯れてしまった。



M姉ちゃんの持って行った白花クジャクサボテンは2年ほど経って咲いたのだという。

咲いた時に、メールに写真を添付して送ってくれた。


花が咲けば、ほとんど、毎年送ってくれたと思う。



今年の6月にもメールで送ってくれた。


亡くなったという知らせの後、

急いでメールの写真を探した。



あった! 削除しなくてよかった・・・




「つぼみは5個で、今朝一輪咲きました」と書かれていた。




M姉ちゃんからの最後のメールと白花クジャクサボテンの写真。



・・・もうメールが来ることは2度とない・・・


M姉ちゃんにもらった貴重な写真。



通夜に行った時、まだ少し若い頃のにこやかな遺影が飾ってあった。

あいかわらず美人だった。



葬儀も終わり、

火葬も終わった。


遺骨になってしまったM姉ちゃん、

火葬場で遺骨を見ても、M姉ちゃんが死んでしまったなんて、まだ信じられなかった・・・



thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

今日は暑かった!~大月市 



2017年8月24日(木)

今日は暑かった!

しばらく涼しい日が続いていたせいか、ものすごく暑く感じられた。

BS1の天気予報を見ると、大月市の最高気温は36.7℃と出ていた。







左の部分を拡大する。

暑い訳だよね。







エアコンのかかっていない2階の窓際に温度計を置いてみた。

うわぁ~、やっぱり37.4℃だ。

エアコンの部屋から廊下に出るだけでむわッとする。








夕方のNHKのニュースの画面だ。

暑かった訳だよね。



信玄公も「今日は暑かった!」と言っているのかな?







山梨県では大月市が一番暑かったようだ。



明日も猛暑だという。

もう暑いのはたくさんです。

最高記録もいりません。

thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

迷惑な電話(FAX) 

最近、同じ会社からいつも宣伝用のFAXが来る。

見ると事務用品とかパソコンの宣伝のようだ。

番号は03、東京だ。


電話が鳴るので、出ると、FAXで切れる。


懲りずに来る。

あまりにうるさいので、迷惑電話の設定にした。

それでも来る。

03の後の番号が違う。


4か所か5か所来た。

同じ会社だ。



一番アタマに来たのは、深夜の1時近くに電話が鳴った。

当然寝入ったころで、何事だろうとびっくりして、電話に出た。

FAXだった。

続けて2度。



それから目がさえて眠れなくなった。


昼間ならまだしも、夜中の1時にFAXをよこすなんて、迷惑せんばんだ。



私も考えて、次の日、夜中はお休みモードにした。



それでも、昼間また同じ会社から懲りずにFAXが来た。

いくつ電話があるのだろうと思う。



しつこい電話(FAX)。

なんで、こんなにしつこくFAXをよこすのだろう?

別に、我が家では商品を買うつもりはないのに。



送っている人は本当にしつこい人なんだろうな。

thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

膝が痛くなった。(泣) 

私事ですが、最近はなぜか非常に忙しいです。



近所の人などが、私を見れば、多分ずいぶん暇そうに見えているかもしれません。

でも、私にすれば、かなり多忙な日々を過ごしています。

次から次と用事が出て、

なぜ、こんなに用事が出るのだろうかと思わず笑いたくなります。




それと最近急に右膝が痛くなり、階段の上り下りが苦痛になりました。

実はもう20年くらい前にも、どっちの膝か忘れてしまいましたが、炎症を起こして痛くて苦しんだ時期がありました。


大雪の降った年でした。

大雪と言っても50cmくらいだったと思います。

膝が痛み始めていたのですが、無理をして、雪かきなどして、さらに痛くなりました。


あの時の痛さは忘れられません!


町の整形外科に行ったら、「変形性膝関節症」と言われ、当時はまだ若かったのでショックだったのを覚えています。


あの時は膝に水が溜まっているからと、水を抜いてもらいました。

別に、水を抜いても痛さは変わりませんでした。


当時は山に惹かれていて、早く膝が治らなければ、山に登れないとばかり思っていました。




6か月くらいかかったかもしれませんが、徐々に治ってきました。

その後、甲斐駒ヶ岳も仙丈ケ岳も登りました。

憧れの槍ヶ岳にも登れました。


今思えば、良く登れたなと思います。



今回も、あまりに痛くなってきたので、整形外科に行ってきました。

今度は市立病院です。


午前10時ころ受付をしました。

もっと早く行きたかったのですが、その前にどうしてもしなければならない用事があって、遅くなったのです。

毎日、診察日がないので、混んでいるのは予想していましたが、

それほど待っている患者さんがいるようにも見えなかったのですが、少しも呼ばれません。


待って

待って

待って

やっと呼ばれて、まずレントゲンを撮ってくるように言われ、

また待って





やっと診察室に呼ばれたのは午後1時40分頃でした。

疲れました!



診察室では、やはり依然と同じことを言われました。


「変形性膝関節症」だと。


レントゲンで、膝の関節の隙間を見る限り、それほど狭くなっているような感じはありませんでした。(私は素人ですが)


医師は膝を触り、腫れてはいないねと言いました。


膝は腫れていなくても、私はかなり痛いのです。



医師はそれほど痛くないと思ったのか、

「痛み止めはどうしますか?」と聞かれたので、湿布をもらいたいといいました。


薬局に行って、もらった湿布は普通の湿布の半分くらいの大きさでした。

ショックでした!


当然、普通の大きさの湿布をくれるとばかり思っていたからです。



早く炎症を治さなければ、困ります。

座っていて、歩き始める時などが特に痛みます。



あの時のように、酷くしたくありません。


でも、時間がかかるかも知れないな。

年だしな・・・


でも絶対に治さなければ


医師からは膝の筋肉を鍛えるように言われました。

thread: 日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | コメント: -- | 編集

山梨県 健康寿命全国1位! ヽ(^o^)丿 



↑テレビの画面をカメラで撮影しました。


2017年6月28日(水)

昨夜のテレビ朝日19:00から放送の「林修の今でしょ!講座3時間スペシャル」です。


健康寿命が山梨県が全国1位になっていました!(バンザイ)


山梨県民として、とてもうれしいです



以下テレビの画面を撮影した写真を載せてみます。







山梨県民の健康寿命は、平均74.15歳だそうです。






全国の表です。







なんで、山梨なんだろうね?


私も知りたい!!






魚中心の食生活。







日照時間が日本一長い。


















2番目の解説では、「無尽」が多いからだそうです。

いろいろな人と楽しく食事をするのがよいようですね。

thread: 日々の暮らし | janre: ライフ |  trackback: -- | コメント: -- | 編集